本文へ移動

沿革

沿革

1949年
(昭和34年)
杉村鉀一が焼津市内にて個人操業を始める
1962年
(昭和37年)
焼津市中根62に移転と同時に有限会社杉村精工を設立
杉村精工株式会社に組織変更
1970年
(昭和45年)
フリーアームボール盤を自社製品として開発
1974年
(昭和49年)
経営合理化が認められ優良企業として静岡県知事表彰を受ける
1975年
(昭和50年)
ひも蝶結び式自動結束機オートパックを自社製品として開発
 
 
M社万能工具研削盤OEMを開始
1977年
(昭和52年)
真空窒素充填巻締機を開発
1978年
(昭和53年)
静岡県研究開発型企業研究会に認定
1979年
(昭和54年)
碌々産業(株)より、英国ハーバードタイプ多頭無段変速ボール盤の製造・販売権利の譲渡を受け、自社製品として販売を開始
1980年
(昭和55年)
本社工場隣接地に第二組立工場を竣工
1981年
(昭和56年)
大手一流企業のOEM生産に対処するため、市内三和200に第三組立工場を竣工
1983年
(昭和58年)
代表取締役に杉村征郎が就任。独自のワーク検出機構を持つNCプリドリラー(センターもみ付マシン)を開発
1984年
(昭和59年)
CNCストリッピングマシン(電子機器工業向)の研究開発にあたり、静岡県知事より中小企業技術開発費補助金の交付を受ける
1985年
(昭和60年)
研究開発・設計部門の拡充・研究室を増改築、社員ミーティングルーム新設
1987年
(昭和62年)
ワーク検出機構(工作機械)の特許取得
1989年
(平成1年)
静岡県地域産業技術補助の交付を受ける
1991年
(平成3年)
プリント基板ガイドピン加工機を開発
1992年
(平成4年)
市産業奨励賞を受ける
1994年
(平成6年)
多層基板X線計測穴明機を開発
1997年
(平成9年)
焼津市中新田1600へ本社工場を建設
1999年
(平成11年)
ISO9001認証取得
2002年
(平成14年)
XZシーター3軸塗布装置を開発
 
 
代表取締役社長に杉村学、取締役会長に杉村征郎が就任
 
 
初の私募債を発行
2003年
(平成15年)
S社自動盤工具研削盤OEMを開始
2004年
(平成16年)
豊田工機(株)(現JTEKT)より紙積層式高速三次元造形機のライセンス取得 販売開始
2005年
(平成17年)
XZシーターテーブルが相川科学技術振興財団より優秀技術表彰を受ける。
同時に創造法認定を受ける
2006年
(平成18年)
大手工作機械メーカーよりマシニングセンター完成迄の製造委託(OEM)を受け
生産を開始
 
 
M社小型マシニングセンターOEMを開始
2011年
(平成23年)
大手自動車設備メーカーと直取引の開始、口座を開設し大型設備ラインの納入をする
杉村精工株式会社
〒425-0068
静岡県焼津市中新田1600番地
TEL.054-624-4700
FAX.054-624-5924
1.機械部品の製作
2.機械組立の受託生産
3.自社製品の開発・製造・販売
TOPへ戻る